スポンサーリンク
Pocket

今回は池波志乃さんについて調べました!

池波さんといえば料理上手で有名ですよね~♪

ということで池波さんの料理方についてや、

レシピ・料理本ごご紹介します^^

 

池波志乃とは?

池波 志乃(いけなみ しの、戸籍名;中尾 志津子、旧姓;美濃部、1955年3月12日 – )は、東京都荒川区西日暮里出身の女優・タレント・エッセイスト。有限会社オフィスSHINO代表取締役。血液型A型。夫は中尾彬。父は10代目金原亭馬生、祖父は5代目古今亭志ん生、叔父は3代目古今亭志ん朝と言う落語家一家。

池波さんといえば落語家一家に生まれ、女優とも活躍し、

そして中尾彬さんと結婚したことで有名ですね^^

色々な趣味を持ち、

なかでも料理についてはピカイチ!!

 

私生活

池波さんの私生活をご紹介します。

・好物…コーヒー。

・自家製ジャムを作る。

コーヒー飲みながら自家製ジャムでパンを食べるんでしょうか?

最高の組み合わせですよね~♪

・酒が好き。酒豪。若い頃に4升飲んだ事がある。

・健康法…黒酢ドリンク。

池波さんは酒豪としても有名ですよね~!

健康法の黒酢ドリンクは手軽でいいですね☆

・慢性硬化性下顎骨骨髄炎を患って肩甲骨の骨を顎に移植する手術を受けた。

・フィッシャー症候群を患った(=06年)。

倒れた時は全く身体を動かせなかった。復帰に約1ヵ月かかった。

様々な病気になってしまった池波さんですが、

病気から立ち直り現在は元気な姿を見られてよかったです^^

・朝日を浴びて起きたいのでカーテンを閉めずに寝る。

・食べ終わったお皿は食事中でもすぐに洗って拭いて片付ける。

きっちりとした性格なんですね。

夫婦生活にはしっかりとした奥さん、素敵です!

・ミステリー小説が好き。

・好きな作家…京極夏彦。

自分でも本を書くくらい好きだそうですよ~!

やはり多趣味ですね♪

・モノを捨てられない。

物が捨てられないのは意外!!

正直すぐ捨てられてしまいそうなイメージが^^;笑

・ラッピングが得意。

・蝶が苦手。若い頃は蝶の柄もダメだった。

蝶々はたしかに綺麗ですけど、

よく見たら虫ですから、苦手な気持ちわかります・・・笑

・好きなミュージシャン…ジェームス・ブラウン。

・アメリカのプロレス(WWE)が大好き。

洋楽が好きだったり、アメリカのプロレスが好きだったり、

そしてそれを夫婦で楽しんでいるのは素敵です^^

・司法書士に依頼して遺言書を作成した。

・住んでいる所…

東京都台東区池之端(マンションの27階、ベランダから上野動物園が見える=07.11現在)。

・住んでいた所…東京都台東区谷中(自分で設計した一軒家、〜05年)。

・千葉県木更津市、沖縄県那覇市に別荘を持ってた。

・2軒の別荘を売却して自宅を一軒家からマンションに変えた(大量に断捨離)。

マンションの27階!!凄いですね~!!

別荘を売ったり、一軒家からマンションに断捨離・・・。

思い切った断捨離、してみたいです^^笑

・いきつけ…

小料理屋「ふ多川」(湯島、高校時代から、女将は元芸者、夫婦でよく行く=15.02現在)。

おでん「多古久」(上野、親の代から30年以上通っている=15.02現在)。

バー「アトリウム」(新橋)。

「鳥よし」(谷中、漬物がおいしい)。

「嶺吉食堂」(沖縄)。

夫婦でグルメ趣味があるそうなので行きつけがたくさんありますね♪

きっと後悔されてない秘密のところもありそう・・・♪

・母親が肝臓ガンで他界(=06年)。

・夫との最初のデートで自分から誘ってお座敷で芸者を揚げて飲んだ。

友人の芸者に「どう思う?」と訊いて「いいんじゃない」と言われたので交際を決めた。

・夫と交際を始めた時、夫は池波の年齢を30手前くらいだと思っていた(実際は22歳)。

・夫は池波の大きなバストに惚れて2回目のデートで結婚を決めたらしい。

・プロポーズされて即答で承諾した時は夫が前妻と離婚していない事を知らなかった。

・結婚した時に夫にびっくりするくらいの額の借金があった。

※夫の借金を返済すると働く気がなくなって数年間芸能活動を休業した

中尾さんとは電撃結婚でしたから、いろんなものが急だったんでしょう。

借金があるのは・・・たしかにやる気なくなってしまいそうですよね^^;

・夫婦そろって料理が好き。海外旅行のお土産は鍋か調味料。

・新婚当時は夫が要求する料理を完璧に作った。

カレーと言われればインド料理のフルコース、

焼肉と言われれば韓国料理のフルコースを作った。

夫は起床後すぐに入浴してその日の気分で朝食を洋食にするか和食にするか決めたので、

どちらにも対応できるように準備した。

・夕食を作る時に自筆のお品書きを書く(夫はそれを見て酒を選ぶ)。

・冷凍食品やインスタント食品は食卓に出さない。

やっぱり料理が好きなんですね~!!

そして中尾さんの為だけに料理の対応をするなんてすばらしい奥さんです^^

・夫の財布をチェックして足りなそうな時は黙ってお金を入れておく。

・夫が外でモテないようでは役者として逆に心配。

家でゴロゴロしてると着替えて銀座で遊んでくるように注意する。

・結婚10周年記念に夫婦で世界一周旅行に言った。

コンコルドやオリエント急行に乗った。旅行費用は約1500万円。

いくつになってもラブラブそうですね~!!

憧れちゃいます^^

・夫の影響で絵を描き始めた(夫と一緒に二人展を開催)。

・夫が急性肺炎で緊急入院(=07年)。

肺炎による毒素が腎臓、肝臓、筋肉などに回って1週間以上ICUに入っていた。

中尾さんも病気になってしまい、大変だったと思いますが、

現在は元気に活動されていて安心ですね^^

・「芸能界を代表するおしどり夫婦」と呼ばれる。

芸能界で素敵な夫婦を考えてみると、

かならず池波さんと中尾さん夫婦を想像しますよね^^♪

これからも仲がいい夫婦でいてほしいです!

 

品書きを出してから!

中尾さん夫婦には4つの掟というものがあり、

その一つに品書きのことが書いてあります。

①妻は夫より早起きし、寝顔は絶対に見せない

②夕食には手書きのお品書きを用意

③妻は夫の財布の中身をチェックして常に補充する

④テレビのチャンネルは妻が変える

②の「お品書き」については、10品目の中から食べたいもの4品目ほどを中尾が選ぶのだそう。また、これらのルールは池波が決めたという。

池波さんが決めたルールならいいですね♪笑

池波さん自身が料理が好きなので、この掟を作ったんでしょう。

毎晩自分の家にお品書きがってそこから選んで食べる・・・。

毎日外食気分が味わえますね^^笑

 

レシピ

スポンサーリンク

池波さんはレシピをよく公開されているので、

今回は池波さんの簡単時短レシピをご紹介します☆

前日までの準備

鮭=1きれずつ切ってラップをして冷蔵庫で保管してあるものを使う

ジャガイモ=前日に皮をむき水に浸しておく

ほうれん草=買ってきたら鮮度がおちないうちに湯がいてしぼり、冷蔵庫でストック

まずは前日の時間があるときに準備をしておくんですね~。

どれも簡単にできそうです^^

■ほうれん草とリンゴの胡麻和え
1:冷蔵庫から湯がいたほうれん草をだす。
2:すり鉢にゴマを入れて、ゴマをする。(=すりたての方が美味しいから!)
3:酸味があって料理にあうといわれる紅玉リンゴをいちょうぎりにして合えて完成。
すり鉢のまま食卓へ!

■志乃さん特製ぬか漬け
浅漬け・・にんじん/カブ・玉ねぎ(?)/
古漬け・・きゅうり

■鰹節を削る・・大根おろし、おかかのせに。

やっぱり料理好きなだけあって、時短レシピとはありますが、

料理初心者には時短にならさそう・・・笑

ですがきっとおいしいものになるはず!!

完成

新じゃがと玉ねぎの味噌汁
ちぢみほうれん草と紅玉リンゴの胡麻和え
大根おろし おかかのせ
甘塩鮭
生卵
ぬかみそ漬け(きゅうり。カブ、にんじん)
古漬

朝からこんなに料理がならんでいたらときめきますよね~☆

料理を趣味にしたい方や、参考にしたい方は是非作ってみてください♪

 

料理本紹介

池波さんは料理本もいくつか出しているので、

レビューと一緒にご紹介します!

 

アンソロジーお弁当。

お弁当にまつわる、様々な世代の思いが満載。
参考になったり、感動したり。
やっぱり、「お弁当っていいな」と再確認できます。

お弁当の良さを伝える本なんでしょうね。

池波さんは何かを伝えるのが上手なのがわかります。

アンソロジーなので、全く違った趣の文が読めます。
写真もいいです。
文を読み、おかずを見て、容器を見て、その時代が、自分の精神状態までも、思いおこされます。
そばに置いて、その時々の気分であちこち読んでみると、晴れやかだった日々もあれば、涙が止まらなかった時もあったなと、しみじみとした、温かい豊かな時間が過ごせます。

容器の良さやその時代背景まで読み取れるお弁当本・・・。

気になりますね^^

 

うちの手料理―二人で楽しむ料理とお酒

丁寧に生きる人のための料理の本といいましょうか・・・。
ご夫婦の仲の良さと、美味しい料理にため息がでました。
従来の料理本のような 正確な分量はありませんが、そこはそれ 塩梅なのでしょう。
なかでも 蛸のパエリアは絶品でした。

少し料理のハードルは高いようですが、

とても素敵でおいしい料理が作れるでしょう!!

池波さんの料理を参考にしたい方は是非購入してみましょう☆

 

家でまるでお店で食べるご飯のようにしている池波さんですから、

料理が趣味な方は参考にしてみてはいかがでしょうか?^^♪

 

スポンサーリンク