スポンサーリンク
Pocket

今回は大泉洋さんについて調べました!

大泉さんの兄弟についても詳しくご紹介したいと思います^^

実は有名人というのは本当なんでしょうか!?

 

大泉洋とは?

大泉 洋(おおいずみ よう、1973年4月3日 – )は、日本の俳優、タレント、声優、コメディアン、作家、歌手。CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。身長178cm。北海学園大学経済学部卒業。北海道江別市大麻[1][出典無効] 出身。妻はフジテレビドラマプロデューサーの中島久美子。

北海道のアイドル的存在でもありますよね~!

現在は全国でも知らない人はいなくなりました^^

劇団や俳優業やバラエティでも大泉さんの姿が見られますよね♪

 

人物

大泉さんの人物エピソードです。

小学生時代に両親が車でかけていた落語のテープを暗記するまでに聴き込んでいたことがトーク力を養った。大学時代に高等学校地理歴史の教育職員免許状を取得しており、大学卒業後は教師になる予定だった。当時はテレビ出演はあくまでアルバイトであり、「テレビは思い出作り」と公言していた。このため、大泉の母親は未だに「今からでも先生になってくれないか」と言っている。実際のところは、大学卒業当時、不況で就職難だったため「とりあえず目の前にあるテレビの仕事や劇団の活動をしっかりやっていこう」という意識も強かったという。

大泉さんのあの喋りは落語がスタートだったんですね~。

たしかにペラペラぺラ・・頭の回転が速いのがわかりますよね!

教育職員免許ももっているのはビックリ!!

大泉さんみたいな先生がいたら絶対授業が楽しいですよね~^^

目の前のことを確実にテレビや劇団の活動をやっていった結果、

今の大泉さんがあるんですからすごいですよね。

努力と才能のたわモノですね♪

映画『ブレイブ ストーリー』の舞台挨拶で、松たか子に関するホラ話をしたところ、記者が真に受けてしまい、週刊誌において2ページの記事にされた。この件は大泉自身初のスキャンダルであった。

まさかのスキャンダルが冗談のつもりのホラ・・・。

これには大泉さんもビックリしたんじゃないでしょうか笑

舞台挨拶では冗談も控えなきゃいけないんですね^^;

大泉自身はリスクを背負ってでも人に笑ってほしいと思っており、ある時行われたポルトガル映画祭でウケる必要はないのに「こんにちは、クリスティアーノ・ロナウドです」とボケをかましたことがある。大泉がそのように考えるのは「世界中から好かれたい」「嫌われたくない」という気持ちからでもあり、それについてさらに「僕にとっては“マグロが泳いでないと死んでしまう”みたいなもので、笑いがないとつらくて仕方がなくて。さすがに家では違いますけどね」と表現している。

舞台だったり俳優業よりも、

コメディアン気質なんでしょうね~!!

最初は北海道からのスタートだったかもしれませんが、

今は全国で有名な大泉さんです。

いつか世界のスターになる日が来るかもしれませんね^^

 

経歴

大泉さんの経歴です。

北海道江別市大麻出身。父は北海道高等盲学校などの校長を歴任した教員であった。母は中学校教師で旭川市出身。札幌市立真駒内中学校、北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、大学を受験するも2浪し、1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学。本来志望していた大学ではなかったため当初は落ち込んでいたが、「このまま腐った気持ちでいるのはまずい」と奮起し、演劇研究会に入る。森崎博之ら4人と仲良くなったが、当時より独特のキャラクターが際立っていた5人だったので、演劇部内で浮いており、その際、「お前らTEAM NACSだ」と命名されたのが今に至る。演劇研究会及び森崎の薦めで入団した劇団イナダ組の舞台が評判となり、大学在学中に当時鈴井貴之が主宰する劇団の劇団員に認められ、現在の事務所に所属することになった。

お父様とお母様も教員だったんですね~!

ですが大学を2浪したのは意外ですね・・・。

その浪人してしまった気持ちをばねに演劇研究会に入ったのは、

大泉さんの人生を大きく変えたんじゃないでしょうか?

この時に仲良くなった4人でTEAM NACSができたんですから凄いですよね!

そこからずっとやってるのは、運命の出会いだったんですね^^

大学在学中の1995年10月、鈴井の斡旋下で北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』に出演し、芸能活動を開始。翌1996年10月には同局の深夜番組『水曜どうでしょう』に出演開始し、北海道内でのタレント活動が活発化した。『水曜どうでしょう』は深夜枠での放送にも関わらず高視聴率(最高18.6%)を得て全国に番販され、それに伴い大泉の知名度も広がっていった。1999年からは『パパパパパフィー』(テレビ朝日)に不定期出演するようになり、全国ネットのバラエティ番組に登場することとなった。

水曜どうでしょうはとっても人気のテレビ番組でしたよね~!!

それから大泉さんの人気もあがりました^^

また、歌手として『ドラバラ鈴井の巣』のドラマ企画毎に作詞・作曲を手掛ける。2004年には作詞・大泉洋、作曲・根本要の「本日のスープ」を「北海道限定版」と「全国版」で発売し、『ミュージックステーション』(2004年2月放送)や『うたばん』(2004年5月放送)に出演した。同年には、『おにぎりあたためますか』の企画内で戸次重幸とのユニット『FAN TAN』で「起きないあいつ」を発売。台湾デビューを果たす。

一時期歌手もやっていましたよね~!!

懐かしいですね。笑

台湾でもとても人気だそうです^^

声優としても『千と千尋の神隠し』など複数のスタジオジブリ作品に参加。2003年には、高坂希太郎監督の『茄子 アンダルシアの夏』にて主人公のペペ・ベネンヘリを務める。

大泉さんといえばジブリの声優もいくつも行っていますよね!!

あの独特の声がくせになっちゃいます・・・。

是非これからも出演してほしいですね^^

2005年に『救命病棟24時』(フジテレビ)にて全国ネットの連続ドラマ初出演。以後、『小早川伸木の恋』(フジテレビ)、『ハケンの品格』(日本テレビ)など人気ドラマに多く出演。特に『ハケンの品格』では準主役ということで注目度が高まり、北海道(札幌テレビ)での視聴率が関東地区や関西地区よりも高く、平均で25%を超える視聴率を獲得した(関東地区での平均視聴率は20.1%であった)。

2009年5月2日、フジテレビドラマプロデューサーの中島久美子との結婚を発表した。2人は2005年のドラマがきっかけで知り合い、2008年の『ロス:タイム:ライフ』出演時の再会以降交際していたという。

2010年8月29日、挙式。参加者は親族および友人・番組関係者などで、司会は札幌テレビアナウンサーの木村洋二が行った。

スポンサーリンク

2011年、第一子となる長女が誕生。

2012年、第35回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(探偵はBARにいる)を受賞。

2014年、北海道特別”福”知事に任命される。第6回TAMA映画賞 最優秀男優賞(青天の霹靂)を受賞。

2016年、第39回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞(駆込み女と駆出し男)、第58回ブルーリボン賞 主演男優賞(駆込み女と駆出し男)を受賞。

2005~現在まで映画・ドラマで見ないことは無くなりました。

バラエティももっとでてほしいですね♪笑

大泉洋の過去のスキャンダルを紹介します!謝罪コメント全文も?【写真あり】

 

兄弟

大泉さんには7個のお兄さんと、

確定ではないんですがお姉さんがいます。

 

 

そしてこの7個上のお兄さんがとっても凄い人らしい!?

のでご紹介します!!

 

函館市役所の有名人!?

大泉さんのお兄さんについてです。

お兄さんの写真ですが、少し雰囲気が似ていますね^^

お兄さんですが、
大泉洋の血縁者だと分かるほど、
大泉洋さんと似ているそうです。(^^)笑

大泉さんには7歳年上のお兄さんが居て、お名前は潤(じゅん)さんと噂されています。

GLAYのTAKUROさんとお兄さんは面識があるらしく、
TAKUROさん曰く、
「北海道でのライブが成功したのは大泉洋さんの兄「潤」さんのおかげ!」
だそうで、

有名人かどうかは微妙ですが、
すごい人なのは間違いなさそうですね。(^^)笑

函館で有名人なのはGLAYのTAKUROさんと面識があり、

大泉さんのお兄さんのおかげでライブが成功した、

と発言したためだったんですね~!!

 

たしかに凄い人なのかも・・!?笑

大泉さん兄弟は人気者が多いんでしょうね^^

 

大学が凄い!!

大泉さんのお兄さんは、

お兄さんは早稲田大学を卒業しており、

現在は函館市役所に勤務している非常に優れたお兄さんです。

早稲田大学をストレートで合格したそうです!!

とっても頭がいいですね~!!

そして函館市役所にも働いてるんですから、

大泉さんとは違った面で凄いですよね^^

優れたお兄さん、の代表じゃないでしょうか!笑

 

大泉兄弟はとても凄いことがわかりました。

これからも素敵な活躍が見たいですね♪

スポンサーリンク