スポンサーリンク
Pocket

今回は宮根誠司さんについて調べました!

宮根さんのお子さんは何人なのか、幼稚園や小学校をご紹介します^^♪

そしてかくしごの噂についても調べてみました・・・。

 

宮根誠司とは?

宮根 誠司(みやね せいじ、1963年4月27日 – )は株式会社テイクオフ所属のフリーアナウンサー、タレント、司会者。島根県大田市出身。元朝日放送(現:朝日放送テレビ)アナウンサー。

いかにも大阪人!?と思いきや、実は島根県出身だったんですね^^;

そして宮根さんといえば、「ミヤネ屋」の司会者!

見ている方も多いんじゃないでしょうか?

 

人物

ゴルフ、野球、ギターを趣味としている。

ゴルフ、野球は好きそうなイメージがありますよね~!!

ギターは宮根さんのイメージになかったのでとても以外でした。

ギターができるということがわかっただけでも、モテるのかな?と予想・・・。笑

局アナ時代、フリーになりたかったがテレビ局に言いだせなくて悩んでいた時、たかじんに相談したことがあった。半年後、たかじんから電話があり料亭に呼び出された。料亭の個室に入ると、そこにはたかじんとテレビ局の社長がいた。そして、たかじんが社長に「こいつテレビ局を辞めてフリーになりたがってるんですよ」と言ってくれた。これが決め手となり宮根はフリーになることができた。

宮根さんはたかじんさんのおかげでフリーアナウンサーになれたんですね~。

頼れる人は身近にいると、人生が変わるんですね。

宮根さんのキャラクターを考えると、フリーアナウンサーが似合っているので、

たかじんさんに相談できてよかったです^^

「島根のみのもんた」と称され、ステレオタイプの関西人像を唱えたり、大阪でも特異な人物を「大阪のおばちゃん」と関西代表にすることがある。だが、父親は大阪府出身であるものの、自身は島根県の出身であり、生粋の関西人ではないので近畿方言、関西弁ではない発音をすることがある。これらのことにより、「ニセ関西人」と批判されることもあり、2009年には『週刊文春』でその批判に対するインタビューが行われたことがある。

たしかに、宮根さんのキャラクターは独特なので、

アンチする方も必然といらっしゃいますよね^^;

発言が誤解を生みやすい感じがします・・・。

学生時代からタモリのファンで追っかけをしていた。浪人時代にタモリのライブを観たことがあり、ニッポン放送『タモリのオールナイトニッポン』も熱心に聴いていた。2014年1月13日、フジテレビ系『笑っていいとも!』のコーナー「テレフォンショッキング」に出演し、タモリと初めて対面した(通常は自身が司会を務める『ミヤネ屋』が大阪・読売テレビから生放送を行っている関係で出演できないが、この日は高校サッカー・決勝の中継で休止だったため出演できた)。

タモリさんとは随分キャラクターが違いますが、まさかファンだったとは。笑

もしかしたら、タモリさんのようになりたかったのでしょうか?

「嫌いなアナウンサーランキング」で1位を獲得している。

これは・・・どうなんでしょうか?^^;

たしかに、誤解を生みやすい方なのでしょうがない気もしますが、

人気の方はその分嫌われますから、負けずに頑張ってほしいですね^^

「スタジオの一歩外に出ると、普通の人になる。そのギャップが耐えられないときがある。」と語っている。また、自身の出演番組は一切観ないという。

宮根さんも同じ人間ですから、普通の人になって当然ですよね。

でもテレビのキャラクターを見ていると、たしかにそのギャップに疲れそう・・・。

ほどほどがいいのかもしれません。笑

 

子供は何人?

宮根さんは二度、結婚しています。

 

初婚の方はお子さんが二人いたそうです。

1993年~2004年の間の結婚生活だったので、

現在は14~25歳のお子さんが二人ですね。

 

そして、現在の奥さんとの間には女の子が一人。

2011年ごろに誕生したそうなので、現在は7歳くらいでしょうか?

 

ということで宮根さんの子供は3人いることがわかりました。

ですが、かくしごがいるとの噂も・・・。

後にご紹介します^^

 

幼稚園&小学校は?

現在の奥さんとのお子さんの幼稚園や小学校について調べました^^

ですが、詳しい情報はなく、どこに通っているかはわかりませんでしたorz

宮根さんのブログでは、USJや帝塚山に行っている様子がうかがえたので、

もしかしたら帝塚山らへんの学校に行っているのかもしれません。

ちなみに、帝塚山は高級住宅街です(笑)

 

かくしご!?

実は宮根さんは過去に愛人がおり、かこしごもいるんです。

スポンサーリンク

女の子一人

とゆうことは、宮根さんの子供は合わせて4人います。凄いですね^^;

 

現在の奥さんと結婚するかしないかの間に愛人がおり、

2008年に愛人が子供を産んでいます。

 

現在の奥さんとの間には2011年ごろに子供が誕生しているので、いろんな意味で凄い・・・。

それが週刊誌に掲載され、世間では少し話題になりましたよね^^;

 

ですが宮根さんが情報番組をもっているからなのか、

テレビではあまり愛人報道について発信されることはほとんどありませんでした。

芸能界の闇を感じますね・・・。

 

謝罪

愛人報道、かくしごについて宮根さんは謝罪をしました。

フリーアナウンサーの宮根誠司(48)が6日、司会を務める読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で“隠し子”の存在を報じた女性週刊誌「女性セブン」の報道を「すべて事実です」と認め、謝罪した。

6日発売の同誌によれば、宮根は妻とは別の、大阪市内で飲食店を経営する女性(32)との間に3歳の女児がいるという。女性とは結婚前の04年ごろ知り合い交際に発展。06年8月の結婚後も関係は続き、07年春ごろ、女性から妊娠したことを告げられた。女性は08年2月に出産し、宮根は認知。昨年5月に宮根の長女を出産した妻も承諾しているという。

宮根はこの日、番組冒頭で「年明け早々、私どものことでお騒がせしてすみませんでした」と深々と頭を下げ、「記事をご覧になって、多くの方々が、宮根には失望した、ガッカリしたといわれる方が、たくさんいらっしゃると思いますが、心を新たに、みなさまの期待、信頼にこたえられるよう、一から頑張っていきたい」とわびた。

事実を認めて、謝罪しただけマシなのでしょうか?

これからは誠意ある行動をして、アナウンサーとしても父親としても、

しっかりと頑張ってほしいですね。

 

ミヤネ屋

実は「ミヤネ屋」が今年の3月で終わっていた、なんて噂がありました^^笑

フリーアナウンサーの宮根誠司(54)が19日、司会を務める読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』(月~金 後1:55)に出演し、同日発売の『週刊文春』に掲載された番組降板の報道を改めて否定。来年4月以降も司会を続投すると明言した。

この日は、囲碁AI(人工知能)の進化に関するニュースを取り上げた際、突如報道に言及。「文春さん見たら、『ミヤネ屋3月で降板』ってなってて。ミヤネ屋が“AI屋”になるっていう…」と自身がいなくなった後の番組を想像し、苦笑した。

出演者らから驚きの声があがるなか、番組スタッフに宮根が「やめさせられるの? 大丈夫? 社長に聞いた?」と自ら確認すると、スタッフは両腕で「◯(まる)」のジェスチャー。それを受け「4月以降もやらさせていただきますので、よろしくお願いします」と頭を下げ、「しばらくは“人間”で頑張っていきます」と冗談を飛ばしつつ続投を約束していた。

情報番組ですから、いろんな憶測がとびかうんでしょうね^^;

宮根さんにはスキャンダルもありましたし・・・。

挽回して、これからも頑張ってほしいですね♪

スポンサーリンク