スポンサーリンク
Pocket

今回は中山秀征さんについて調べました!

ゆうゆさんとのフライデーや、

沢尻エリカさんとの関係をご紹介します。

妻・白城あやかさんとの夫婦仲もご覧ください♪

 

中山秀征とは?

中山 秀征(なかやま ひでゆき、1967年7月31日 – )は、

日本のタレント、司会者、元お笑いタレント。愛称、ヒデちゃん・さん

群馬県藤岡市出身。ワタナベエンターテインメント所属。

身長172cm、体重58kg。

妻・白城あやか(元宝塚歌劇団星組トップ娘役)との間に4人の息子がいる。

司会者やタレントとして有名な中山さんです^^

いつもニコニコしていますよね~。

ずっとお笑いタレントだと思っていたんですが、

元、なんですね^^;今でも面白いです♪

 

人物

中山さんの人物エピソードです。

翌1985年、同プロダクションの松野大介(現:小説家)と「ABブラザーズ」を結成。同年、フジテレビ『ライオンのいただきます』のアシスタントとしてデビュー。そしてニッポン放送『ABブラザーズのオールナイトニッポン』(1985年10月 – 1987年7月)を担当するなど若い女性を中心に人気を博する。しかし『いただきます』を降板した1989年を境に人気は低下する。以降、単独での俳優や司会の仕事にシフトし、お笑いタレントであることを求めた松野との方向性の違いが顕著になる。1992年には、お笑い第三世代に追われるように、ABブラザーズとしての活動は自然消滅する。後に松野は、この時期の中山との関係をモチーフとして、自伝的小説『芸人失格』(幻冬舎)を執筆する。

とんとん拍子でデビューから人気になったんですね~。

人気は低下する、とありますが、テレビはよくでていましたよね!

そこから単独でのお仕事が増えて司会も増えたんでしょうね~。

自分で「芸人失格」なんて小説を書くなんて・・・。

ちょっと笑えますよね^^;笑

松本人志の著書『遺書』(1994年 朝日新聞社)には「レギュラー番組を十数本持ったことを自慢していたタレント」を批判する文章が掲載されており、その人物が中山の事ではないかと一部で囁かれ、共演NG説まで流れていた。

レギュラー番組がたくさんあることくらい、

自慢してもいいですよね~^^;

松本さんもネタとして批評したんでしょうね。

中山さんが自慢キャラって想像できないので、

意外なエピソードとしては面白いと思います。

一方で松本は毎年年末に『シューイチ』の『SHOWBIZ』コーナーのインタビューに『笑ってはいけないシリーズ』の番宣でVTR出演している。なお、中山は前述のお笑い第三世代の台頭を「絶対に勝てるわけがないと思った」、中山自身の台頭を「自分の意図しないところで人気者になってしまい、必死になって努力したが、ABブラザーズとしてのコンビとしての敗北を認めることで少し自分は変わった」と回想し、その思いをゲスト出演した『ホンネ日和』で中山の友人であり、松本とも友人関係にある木村祐一に漏らしている。また、同番組で司会を務め、松本や木村と面識のあるYOUは、この事実を知り「そんな苦悩を抱えていたとは知らなかった」と驚くコメントをした。

共演NGなんて言われながらも、

「笑ってはいけないシリーズ」の番宣をしているんですから、

不仲とかではないんでしょうね。

人気というのは自分の意図しないままなってしまう方が、

多いと思います。

中山さんもその一人だったんでしょうね。

 

ゆうゆとは?

岩井 由紀子(いわい ゆきこ、1968年5月26日 – )は、

日本の元タレント、歌手・女優。愛称はゆうゆで、

1987年から1994年の間は芸名として用いていた。

中山さんと熱愛報道があった、

「ゆうゆ」こと岩井さんのご紹介です^^♪

やっぱり元おニャン子なだけあって、とっても可愛いですね~。

今の時代でいうと、AKBと熱愛が出たのと同じ感じなんでしょうか?

神奈川県横浜市鶴見区出身。

おニャン子クラブの元メンバーで、会員番号は19番。

『夕やけニャンニャン』スタッフは岩井の事を「気が強く、すぐに泣く」と評し、「嫌いなスタッフに当たりが冷たい」ところが難だと指摘した。

きっとそれだけ若かくアイドルをやっていると、

気は強くないとやっていけないし、

でもまだ弱い部分もあるため、すぐ泣いちゃうんでしょうね~。

おニャン子クラブのメンバーの中で一番小さく、背が低いことに加え童顔なため、実年齢より幼く見られることがコンプレックスだったが、おニャン子に入ってからそれらが多くの人に好まれる個性だと気付いてから積極的になったという。また、トランジスタグラマーであることも自覚しており、「意外とおっぱいは大きいんです」と自ら語ることも度々あった。

アイドルの武器としてはとってもいいことですよね。

背が小さく、童顔、幼く見えるというのは、

アイドルとして生まれてきたようなものですよね~!!

意外とおっきい・・・というのも最強の武器だと思います。笑

おニャン子クラブで特に仲が良かったのは渡辺美奈代で、美奈代も必ず岩井の名を挙げる。また、同じ渡辺プロに所属していた河合その子について「妹みたいに可愛がってくれた」と語った。同じくおニャン子のメンバーであった工藤静香が、「ゆうゆをぬいぐるみにして部屋に飾っておきたい!可愛いんだもん」と言われたエピソードがある。グループ内でもマスコット的な位置にいた。

可愛い女子って女子から嫌われるイメージがありましたが・・・。

ゆうゆさんは好かれる程、可愛さが逸脱していたんでしょうね!!

だからこそ人気者同士の中山さんとゆうゆさんの熱愛が起きたに違いない・・・。笑

 

フライデー!

中山さんとゆうゆさんのフライデーについてご紹介します。

中山秀征が本気で口説いた?

「クイズ!歳の差なんて」という番組で共演していた時期もあり、その頃から付き合っていたのではと推測されています。当時モテモテの中山秀征さんが本気で口説いた女性芸能人として、ときどきテレビで話題に登場することもあります。

かなりの長期間付き合っていたようです

実は7年も交際を続けていて、「毎年、ひでちゃんがゆうゆの実家にだるまを届けに来ていた」など微笑ましくも、順調な交際ぶりが伺えるエピソードもありました。
しかし、人気芸能人だったこともありお互い多忙な中ですれ違いが生じ破局に至ったということです。

なんだか・・・可愛らしいカップルだったのが想像できますね^^

何故だるまを届けていたのかは謎ですが、

7年も交際して破局というのは、恋愛の難しさを感じます。

 

沖縄で密会中をフライデーされる

沖縄で密会しているところをフライデーに撮られ、世間に知れわたるきっかけとなりました。

本人も交際を認める

沖縄デートしてたんでしょうか?^^♪

これは世間も認めるカップルだったんでしょうね~。

でもゆうゆさんのファンはショックな方も多そうですね。

1994年、写真週刊誌に中山秀征さんと岩井由紀子さんの2ショット写真が掲載されたことをきっかけに、岩井さんはおニャン子クラブ在籍時から中山さんと交際していたことを認めました。
1997年に岩井由紀子さんは結婚を期に芸能界を引退しました。

交際を認めたその後破局したんでしょうね・・・。

ゆうゆさんの結婚も早くてびっくりしましたが、

中山さんも結婚しましたし、お互い分かれるのが運命だったんでしょう。

今になって暴露?

中山秀征は2010年に出演した「しゃべくり007」でおにゃんこクラブ会員番号19番の岩井由紀子ことゆうゆとの交際を暴露したことからまた話題を集めました

何故、最近話題になっているのか調べてみると、

2010年のしゃべくり007で暴露したためだったんですね~。

今だから言える話、ということですね。

スポンサーリンク

 

沢尻エリカとは?

沢尻 エリカ(さわじり エリカ、1986年4月8日 – )は、

日本の女優、歌手。本名、澤尻 エリカ(読み同じ)。東京都出身。

気は強そうですが・・・やっぱりとっても綺麗!!

女性も憧れている方多いと思います^^♪

スペインに所在する個人事務所・エル・エクストラテレストレ所属

(エイベックス・ヴァンガードと業務提携)。

歌手としても、Kaoru Amane、ERIKA名義でCDをリリースした。血液型はA型。

昔は清純な役も多く、透明感あふれているところが魅力的でしたが、

今の女王様オーラも個人的に好きです。笑

大人になった沢尻さんは、更に魅力的できすよね^^

 

中山秀征との関係

中山さんと沢尻さんの関係についてご紹介します。

『クローズド・ノート』舞台挨拶時の沢尻エリカ

沢尻さんは当時21歳。舞台に現れたときから腕を組み不機嫌な様子で、司会者に一番思い入れのあるシーンを尋ねられると「特にないです」と一言。

この地点で会場には重い空気が流れたと言いますが、さらに追い打ちをかけるようにあの「別に」発言が飛び出します。

沢尻さんといえば「別に」で悪い意味で有名になっちゃいましたよね。

その前日の番組でのPRでも相当態度が悪かったそうです。

それがなんと、中山さんの番組だったんです。

「別に」事件前日に番組で中山秀征に同様の態度

実はこの「別に」事件の前日に、中山秀征さんがMCを務めていた『ラジかるッ』という番組に映画のPRで沢尻さんは出演していましたが、すでにこのときにも同様の不機嫌な態度を取っていました。

沢尻さんはこのPRで中山さんに相当迷惑をかけたようです。

番組でも凍り付いた雰囲気の中、

中山さんはスムーズに司会をこなす姿はとても高評価でした^^

 

2014年、中山秀征に7年ぶりに公開謝罪

その後、沢尻さんは2014年に中山さんの番組にVTR出演。当時の状態を「末期の状態」と語り、「中山さんその節は大変失礼致しました」とあの事件から7年ぶりに公開謝罪しました。

中山秀征に沢尻エリカが直接謝罪

沢尻さんは「あの時代、どこかおかしかった。大変失礼しました」と中山さんに謝罪しました。

沢尻さんも丸くなったんでしょうね。

きちんと謝ることができて良かったと思います。

中山さんは大人ですから、謝罪も受け入れてくれているでしょう。

 

白城あやかとは?

中山さんの妻・白城さんについてご紹介します^^♪

白城 あやか(しらきあやか、本名:中山 光希(なかやま みき、)、

1967年9月27日 – ) は、元宝塚歌劇団星組トップ娘役。

と~っても美しいですね・・・。

こんな奥さんがいたら、毎日帰るだけでも幸せそうです。笑

宝塚歌劇団時代の愛称はあやかみき

東京都足立区出身。夫はタレント・司会者の中山秀征。

宝塚トップ娘役を務めていただけあって、

家でも完璧な奥さんなんでしょうね~。

 

夫婦仲について

中山さんと白城さんの夫婦仲について調べてみました。

理想の有名人夫婦を選出する「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2017」をタレントの中山秀征さんと元宝塚トップ娘役の白城あやかさん夫婦が受賞。白城さんは、授賞式の日に夫婦で撮影した2ショット写真を自身のブログで公開し、これを喜びました。

理想の夫婦ですよね~。憧れます。

お子さんも4人いますし、

ブログなどを見てもとても幸せそうな家族だと思います^^♪

授賞式では、お互いの好きなところを「子ども命、野球命なところ」(白城さん)、「あまり自分に関心を持たないところ」(中山さん)と回答。ベテラン夫婦だけあり甘々ではない2人ですが、「生まれ変わったらお二人はまた結婚しますか?」という質問には、白城さんは「結婚はせず、娘に生まれたいです。絶対怒らないから」、中山さんは「生まれ変わったら、また出逢ってしまいそうな気がする」と答えていました。

お互いの好きなところを、

年をとっても素直に人前で言えるのは仲が良い証拠ですよね。

「生まれ変わったら、また出会ってしまいそう」

なんて素敵ですよね~。

きっとお二人ならまた出会えるでしょうね^^♪

スポンサーリンク