スポンサーリンク
Pocket

今回は今話題の伊調馨選手について調べました!

ニュースになっているパワハラ内容や真相について、

告発者や黒幕についても詳しくご紹介します^^

 

伊調馨とは?

伊調 馨(いちょう かおり、1984年(昭和59年)6月13日 – )は、日本の女子レスリング選手。アテネ・北京・ロンドン・リオデジャネイロオリンピック金メダリスト、紫綬褒章受章者(2004年、2008年、2012年、2016年)。女子個人として人類史上初のオリンピック4連覇を成し遂げ、2016年に国民栄誉賞を受賞した。別階級の女子レスリング選手である伊調千春と姉妹でメダリスト。

青森県八戸市出身。身長166cm。中京女子大学(現・至学館大学)卒業。学位は学士 (健康スポーツ科学)。そのほか名誉学位・称号として名誉修士(中京女子大学)を有する。

レスリングで人類史上初のオリンピック4連覇をした伊調選手!

すごすぎですよね~!!

これからもまた記録をつくるのでしょうか?

活躍に期待しちゃいますね^^

 

人物

伊調選手の人物エピソードです。

姉の伊調千春も女子レスリング選手で、アテネオリンピック、北京オリンピックにおいて女子48kg級銀メダリスト。兄の伊調寿行もレスリング選手で現在は所属する綜合警備保障でコーチを務める。渾名は「きんさんぎんさん」。

お姉さんとお兄さんもレスリング選手なんですね!

兄弟でみなさん活躍していて素晴らしい・・・。

人類の最強兄弟ですね^^笑

紫綬褒章を2004年、2008年、2012年、2016年に受章。アテネ五輪での金メダル獲得により青森県県民栄誉賞・八戸市市民栄誉賞、北京五輪での金メダル獲得により青森県県民栄誉大賞・八戸市市民栄誉大賞、ロンドンオリンピックでの金メダル獲得により青森県県民栄誉大賞(2回目)、八戸市民特別栄誉大賞、第60回菊池寛賞を受賞。

4回も受賞なんて流石ですよね~!!

これからも沢山の記録をつくってほしいです^^

リオデジャネイロオリンピックでの金メダル獲得により国民栄誉賞の受賞が決まったほか、青森県県民栄誉大賞(3回目)及び八戸市民特別栄誉大賞(2回目)、第45回ベストドレッサー賞(スポーツ部門)を受賞した。

2016年10月20日、国民栄誉賞の表彰式には振袖で臨み、伊調の和服文化への想いから西陣織による金色の帯が記念品として贈呈されている。

人類最強を極めてほしいですね^^♪

現在は大変そうですが・・・乗り越えてほしいです!!

伊調選手の結婚に関する噂についてはコチラ!

 

経歴

伊調さんの経歴です。

兄と姉の影響から青森県の八戸クラブでレスリングを始め、愛知県の中京女子大学附属高校(現・至学館高等学校)から女子レスリングの強豪校として知られる中京女子大学(現・至学館大学)へと進学。56kg級時代はライバルの吉田沙保里に苦戦したが、63kg級に階級を上げてからは無敵の存在となった。

レスリングといえば吉田沙保里選手も凄いですよね^^

やはり56㎏級の時はライバルだったんですね~!!

階級をあげて無敵に・・・。

階級が変わってしまっても、吉田選手と再戦してほしいです!笑

吉田選手との関係性についてはコチラにまとめました!

2004年のアテネオリンピックでは、姉の千春は銀メダルだったが、「千春のためにも必ず勝つ」と奮起し、金メダルを獲得。「千春と一緒に取った金メダルです」と述べた。

素敵な姉妹ですね~!!

姉妹で金・銀メダルなんて漫画の世界みたいですね!

2008年の北京オリンピックでも金メダルを獲得し、2連覇した。姉の千春は銀メダルを獲得し、2大会連続で姉妹同時メダルとなった。8月18日の記者会見で姉妹揃って現役引退することを表明したが、帰国後、引退表明を撤回(姉の千春も同年9月10日に引退を撤回)。約1年間カナダ留学などをして静養した後、2009年に復帰。2010年には3大会ぶりに出場した世界選手権で6度目の優勝を果たした。

現役引退を表明したときはびっくりしましたが、

撤回してくれてよかったです。

そして6度目の優勝・・・スゴイ!!

2012年のロンドンオリンピックでも金メダルを獲得し、日本人選手としては野村忠宏に次いで2人目で日本人女子選手としては初めてとなる、同一競技におけるオリンピック3連覇を達成した。2013年の世界選手権では全試合テクニカルフォール勝ちで優勝。新たに58kg級で挑んだ2014年の世界選手権では、決勝でロシアのバレリア・コブロワを10-0で破るなど全試合テクニカルフォール勝ちで、世界大会12度目の優勝を飾った。2015年8月の世界選手権では、決勝でフィンランドのペトラマーリト・オッリを10-0で破るなど全試合無失点のテクニカルフォール勝ちで、世界大会13度目の優勝を成し遂げた。これにより12月に行われる全日本選手権に出場さえすれば、規定によりリオデジャネイロオリンピック代表に内定することになり、その全日本選手権でも通算12度目の優勝を飾った。

日本人選手としても二人目、

女子選手としては初めての、と改めて考えると素晴らしいですね。

この先伊調選手の記録を抜ける選手が表れるのか、気になってしまいます。笑

 

 

パワハラ内容

今とっても話題になっている伊調選手のパワハラ問題!

一体、どんな内容だったんでしょうか?

簡単にまとめると、

・伊調さんを指導していたコーチを脅して日本代表から外すと発言
・伊調さんが使用していた警視庁の練習場所を使えないようにしていた

ということです。

どちらも告訴された側やレスリング協会側は全否定していますが、

伊調選手の受け取り方で話がここまで大きくなってしまったともいわれています。

選手とのやり取りや受け取り方は難しんでしょうね・・・。

伊調選手が期待されているからこそ色々と言ってきたんでしょうか?

ですがいくら全否定しているとはいえ、

伊調選手にパワハラだと感じさせてしまった以上、

何らかの責任は取らなければいけないでしょう。

栄監督と吉田沙保里選手との関係はここにまとめました。

 

真相

少し長くなりますが、

パワハラ問題の真相について詳しくご紹介します。

 女子レスリングで五輪4連覇し、国民栄誉賞を受賞した伊調馨(33)=ALSOK=が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)からパワハラを受けたとして内閣府に告発状が送られた問題で、告発を主導したレスリング関係者「B氏」が一連の経緯を明かした。「パワハラは事実だ」と強調、伊調と田南部力(たなべ・ちから)コーチ(42)の「関係性」についても語った。

告発状に「B氏」として登場するこのレスリング関係者は、元五輪代表選手で、大学のレスリング部監督を務めた経緯もある実力者。告発状の中で田南部コーチは「A氏」とされている。

B氏は夕刊フジの取材に、告発は「田南部と私の2人で主にやった」と説明。その理由について「伊調が練習できていないのが第一。これまでの協会の体制や運営を何とかしたいと思って告発状という形になった」と話す。

栄氏やレスリング協会はパワハラを否定しているが、B氏は「告発状にあったことは事実あった。田南部からも聞いているし、そういう要素があるのは、私たちだけでなく、レスリング関係者は結構知っている」と強調する。

告発状では伊調が警視庁のレスリング部を出入り禁止となり、田南部コーチも同部から排除されたとしているが、警視庁側は否定している。

このB氏側はパワハラはあったと話をしているようです。

そしてやはり警視庁側は否定しています。

スポンサーリンク

 B氏は「伊調選手が来るなと言われたのも事実だ」と主張。「伊調は田南部が外され、私のせいで排除されたと責任を感じていると思う。現在田南部は大学で指導しており、伊調もそこで練習できるとは思うが、また迷惑がかかってしまうというと思うのが当たり前。そういう状況で練習に踏み切れていないというのが現状」と説明する。

B氏は、伊調が今年に入って「5回くらいしか練習していないのは事実」と言うが、伊調本人とは直接連絡を取っていないという。

B氏は「仲間を巻き込みたくないが、明らかにしないといけないことはある。田南部は名前が出ようが関係ないとして、告発に踏み切っていて、伊調も了解している」と述べた。

伊調と田南部コーチの関係性については「選手とコーチ。男女関係のようなことを言われて排除されようとしているが、それもパワハラだ」と語気を強めた。

伊調選手と連絡をとっていないのはなぜでしょう?

ですが選手とコーチの関係を男女関係のようなことを言われて、

排除されようとしている・・これが事実なら大問題ですよね。

 B氏自身は栄氏らから直接パワハラなどを受けたことはないという。「周りから批判を受けるのではないかと告発に踏み切るのは悩んだ。ただ、田南部には納得できないことがあるし、悪いことをやっていないのになぜ排除されなければならないのだという思いで、私も覚悟を決めて一緒にやった」

また、告発に携わった弁護士は、レスリング関係者ではないB氏の知人の紹介で連絡を取ったという。

B氏は「今はパワハラだけの問題で済んでいるが…」と述べ、協会に対して“二の矢”を放つ構えを見せた。

■B氏の主な一問一答

--告発の経緯は

「伊調選手が練習できていないことが第一。協会の体制・運営を何とかしたいと思って告発状という形になった。練習場所を確保させて、(五輪)5連覇の環境を作りたいというのがある」

--栄氏は具体的にどのようなパワハラを

「告発状にあったことは事実あった。田南部から聞いているし、そういう要素があるのは昔から聞いていた」

--警視庁は伊調を出入り禁止にしたことを否定している

「だけど、伊調が来るなと言われたのも事実。言われていないなら練習に行っている。(伊調は)そう言われたと田南部に言って、田南部も疑問に思っていた」

--週刊文春に記事が出た経緯は

「私は文春を使っていないし、内閣府の調査結果を待っていた。その中で伊調も第三者の立場であれば話したいというので、告発状の中に伊調の名前はないし、関係していない。私は(伊調が)文春の取材に答えると思っていなかった。え、しゃべっちゃったの? という思い。それを聞いて大変なことになると思った」

--栄氏との関係は

「会うと話はするし、信頼関係はある」

--弁護士に接触した経緯は

「私の知り合いを通じて紹介を受けた。東京の知人で、レスリングの関係者ではない」

うーん・・・。

なんとも煮え切らない真相。

ネットの意見などもみてみると、

すれ違いや思い違いからこの問題が起きたんじゃないかともいわれています。

パワハラを本当にうけたの?と疑問に思う方もいますよね。

それくらい話がややこしくなっていますね^^;

 

告発者は学長?

告発者について色々と話題にないっていますが・・・。

どうやらこの会見で学長が告発者と思われたようです。

女子レスリング五輪4連覇の伊調馨(33)が至学館大の栄和人監督(57)からパワハラを受けていたとする告発状が送られた問題で、同大学長で日本レスリング協会副会長の谷岡郁子(くにこ)氏(63)が反論会見を開いたが、「栄氏はパワーのない人間」「彼女は選手なんですか?」と暴言連発で、騒動は鎮火するどころか大炎上となった。

「私の怒りは沸点に達しました」。15日の会見で谷岡氏は、レスリング部の選手を含む学生らに中傷のメールなどが寄せられ、風評被害を受けていると述べた。

谷岡氏は告発状に書かれたパワハラの内容をことごとく否定したが、その理由について「(栄氏のような)パワーのない人間によるパワハラが一体どういうものか私には分からない」と述べた。

もちろん今回問題になっているのは、栄氏から、立場の弱い選手やコーチへのパワハラがあったかどうかであり、栄氏自身のパワーとは何の関係もない。

谷岡氏は、伊調の練習場所の問題に対して「私が使わせるといえば使うことができる」と発言し、伊調について「そもそも彼女は選手なんですか」「五輪を目指すはずがない人」とまで言い放った。

弁護士やスタッフを伴わず、1人で言いたい放題だった谷岡氏の会見について、ネットでは「パワハラ体質丸出し」「公開パワハラ」などの批判が相次いだ。

谷岡氏は1986年、32歳の若さで父親から至学館大学(当時は中京女子大学)の学長の座を引き継いだ。弟も姉妹法人で大阪商業大などを運営する谷岡学園の理事長を務めている。

2007年には民主党から参院選に出馬し初当選。その後離党し、「みどりの風」の代表を務めたが、13年の参院選で落選し、政界を引退した。

一連の報道に対する法的措置も示唆した谷岡氏だが、肝心の栄氏によるパワハラの有無について問いただされると、「あったかなかったか分かりません」というにとどめた。

結局、谷岡氏が大学内で絶大なパワーを持っていることだけが全国に伝わった会見だった。

告発者かどうかはわからない・・・というより、

学長は告発者ではないように見えます。

この会見での発言が過激なために色々な憶測が混ざってしまったんでしょう。

早く解決してほしいですよね・・・。

 

黒幕がいる!?

この問題の本当の黒幕がいるという噂があります。

噂というよりも事実!?という感じです。

レスリング伊調馨選手と栄監督をめぐるパワハラ問題が一向に収束しない中、週間新潮が新たな事実を浮上させました。

それが、伊調馨選手の従兄弟、I氏と栄監督の確執です。

I氏はフライデーやマスコミ関係者の間ではS氏とも呼ばれています。

既に週間文春による発表で、告発文を提出したレスリング関係者A氏、B氏はそれぞれ、田南部力コーチ、安達巧氏と判明しましたが、ここにきて新たにI氏という存材。

I氏は栄監督と知り合いであるため、ショーのゲストに招待できると看護師支援団体の関係者に持ちかけ、100万円ほどで契約を結びます。

しかし、後日、I氏は栄監督のギャラ代として別途50万円が必要と言いだし、関係者は栄監督に泣きついたそうです。

その後、栄監督はギャラ代をタダにしますが、I氏は顔を潰されたと激怒し、イベントを台無しにしようとします。

しかし、栄監督がそれを阻止したといいます。

この確執がきっかけで、Iさんの逆恨みを狩ったのではないか?と栄監督が思ったそうです。

このI氏という方がすべての元凶のようですね。

I氏についてです。

・伊調馨の従兄弟

・40代前半

・看護師支援団体が主催するナースのファッションショーに関与

・2016年の伊調馨選手の国民栄誉賞授与式に出席

・芸能事務所を過去に持ち、在籍していた女性タレントから100万円を脅し取り4年ほど前に恐喝容疑で逮捕されていた

・巨人軍選手との不倫が報じられた某グラビアアイドルを操り、IT社長らに「美人局」を仕掛けた(証言)

本当の真相はパワハラ問題というより、

人間関係の問題なんでしょうか・・・?

色々な情報や憶測があり、皆さん気になっていますよね。

早く正しい真の情報が発表されてほしいです。

そして才能ある伊調さんがまた活躍できる時を待っています!

スポンサーリンク